わたしの中に広がる世界。

レポート締切に終われてますが、
今の内にしたためておこうと思って。




(憧れの、菜の花との多重露光)



いつも道を踏み外しそうになったとき
目の前が真っ暗になってしまったとき
必ず正しい道に戻してくれる人がいます。

そしてわたしのまわりには、たくさんの神様がいるのです。


だから、また明日もがんばって生きようと思うのです。
君たちと一緒に、心の底から笑い合いたいのです。



****

わたしは小学生のとき、6学年下の女の子に
「なっちゃんはせんせいにむいてるよ!」
と言われました。

その頃のわたしは、
フィギュアスケートの選手やピアニストに憧れていました。


20歳を過ぎたら、始めて会う人にはよく
「看護士さんですか?」
と言われました。

その頃のわたしは、
音楽を捨てて、何をやりたいのか全くわかっていませんでした。


一人暮らしを始めた頃からは、
「美容師さんですか?」
とよく訪ねられるようになりました。



大学院に行こうと思ってました。
臨床心理士になりたいのです。


去年の年末に公務員になろうと思うという旨を数人に話したところ、
全員に「柄じゃない(笑)」と言われました。


今日、「養護学校の先生になろうかな」と言ったところ
「向いてると思いますよ」との思わぬ返事を頂き、ビックリしました(笑)



学校卒業できたら、保育士の資格を取ろうかなと思っていたのですが、
何かを勉強してないと落ち着かないようになってしまったのかもしれません…



やりたいことが、たくさんあります。
全部は出来ないかもしれないけど、
それまで突っ走ってみようかな、と。

休むのはあと40年ぐらい先でもいいかな(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。